先輩からの声


先輩からの声
  1. 1医療機関で働こうと決めたきっかけはなんでしょうか?
  2. 2社会人生活を敬愛会でスタートしようと考えた決め手は何ですか?
  3. 3入職して現在の心境はどう変わりましたか?
  4. 4どのような社会人を目指していますか?
  5. 5その他、後輩へのメッセージ

経理課:比嘉 秀太

経理課
比嘉 秀太

人と人との関係を大切に

1学校で求人を見て病院見学へ参加したことがきっかけです。特に医療に関する勉強をしていた訳ではありませんでしたが、病院を運営するために医事課や用度、総務、人事、経理課など様々な部署がありやりがいがあると感じました。

2敬愛会の病院見学に参加した際に職員の患者さんに対する心配りがとても印象的でした。学生時代に3年間ホテルでアルバイトをしていたこともあり、患者さん目線の対応が出来るこの病院で働いてみたいと思いました。

3入職して1 年目は様々な部署をローテーションし、病院を広く知ることが出来ました。そのなかで仕事をミス無くこなすことも大切ですが、それ以上に人間関係の大切さに気づきました。病院では多くの職員が働いており円滑に仕事を進めるには人を知ることがその一歩だと感じました。

4社会人として仕事とプライベートのメリハリをつけられるよう気をつけています。仕事では期限が近い仕事や重要度の高い仕事から片付けるよう優先順位をつけて行い期限までには必ず終わらせます。プライベートでは趣味や飲み会などは仕事に支障が出ない程度にリフレッシュしています。

5敬愛会では職員の仲がよく明るい職場です。飲み会やビーチパーティー、忘年会などイベントごとも多いため、楽しく仕事をすることが出来ると思います。是非、敬愛会で一緒に働きましょう。

人事課:照屋 菜々子

人事課
照屋 菜々子

刺激がある職場

1私は、特に医療機関を意識して就職活動をしていたわけではありませんでした。しかし、医療機関が地域への社会貢献度が高いことや事務職員の業務内容が多岐にわたるところに魅力を感じたからです。

2私が生まれ育った中部で医療を提供している敬愛会は身近に感じていました。また、教育制度が充実しており、1年目は各部署の業務を研修させてもらえる環境があり、そこにも魅力を感じ、入職を決めました。

3自分の役割に対する責任感を感じるようになり、また日々多くのことを勉強させてもらえる環境に感謝できるようになりました。

4常に向上心を持ち続ける人でありたいと思います。また職場だけに限らず、多くの方々と関わっていき、信頼される人になりたいと思います。

5敬愛会は、多くの職種があり多くの職員が働いているため、たくさんの刺激がある職場だと思います。

法人本部事務局:島尻 涼子

法人本部事務局
島尻 涼子

相手を思いやれる社会人に

1風邪をこじらせ、ちばなクリニックを受診した際、スタッフの対応がとても親切で、不安な気持ちが和らぎました。その経験から、病気等で不安をお持ちの方を和らげるサービスがしたいと、医療機関を希望しました。

2上記の経験から、患者さんを第一に考える敬愛会でなら、私の理想とするサービスが提供できると考えました。また、「職場は人生修行の場」という法人理念に共感したことも、決め手となりました。

3良くも悪くもギャップはありますが、患者・職員の満足度向上への動き、また、夢を持つ職員が多いことは、とても自慢に思います。まだ力不足で満足のいく仕事は出来ていませんが、諦めることなく、頑張りたいと思います。

4相手を思いやれる社会人。これは、自身の成長や夢(不安な気持ちを和らげるサービスの提供)に繋がっていくと考えます。まだまだ、理想の社会人になれていませんが、理想の社会人に近づけるよう頑張りたいと思います。

5就職活動は、焦りや不安があり苦しいと思いますが、自身と向き合う良い機会だと思います。就職活動を通して得た「想い」や「考え」が、就職後にも活かされると思います。皆さんが納得できる就職活動ができることを、応援しています。

医事課:吉田 大輝

医事課
吉田 大輝

たくさんの人と関わって

1私が当時、通学していた大学で、診療情報管理の講義を受講したことに始まります。講義に伴い、実際の医療機関での見学・研修を行いました。その中で、医療事務員の方が、患者さんから「ありがとう」と言われている姿を、何度か見ました。人と関わる仕事をと考えていたので、患者さんに感謝されるこの職に興味を持ちました。

2病院見学を通して関わった敬愛会職員の対応の良さです。私が学生時代、中頭院内を案内してくださった先輩職員の方々は、患者さん、職員、その他すれ違う方全員にあいさつをし、困っているような患者さんには声をかけている姿を見ました。当たり前の事かもしれませんが、職員一人一人の意識の高さを感じ、敬愛会で働いてみたいと考えました。

3就職したての頃は、まず何から学べばいいのか分からず、どんな専門的な知識が必要なのかと考えていました。しかし実際に入職し、様々な部署の方と関わる機会を頂きました。仕事をする上で部署間の連携は重要であり、もちろん専門知識も必要ですが、それ以上に人とコミュニケーションを取ることの重要さを再認識できました。

4仕事の上では、現状を把握した上で分析を行い、その結果を基に、次に繋げるための行動をおこさなくてはいけません。しかし、表現するのは簡単でも、先陣をきって行動するのは大変な事です。このようなことにいち早く挑戦し、問題解決へ向け良い意味で、周囲の人を巻き込むことができる社会人を目指しています。

5敬愛会は、気さくな人が多くとても働きやすい仕事場だと思います。交流イベントも多いですし、部署を超えた幅広い交流の場を築く事ができます。そんな敬愛会で是非一緒に仕事をしましょう。