先輩からの声

先輩からの声
  1. 1医療機関で働こうと決めたきっかけはなんでしょうか?
  2. 2社会人生活を敬愛会でスタートしようと考えた決め手は何ですか?
  3. 3入職して現在の心境はどう変わりましたか?
  4. 4どのような社会人を目指していますか?
  5. 5その他、後輩へのメッセージ
診療支援室 ドクターズアシスタント 松山萌々

診療支援室(ドクターズアシスタント)
松山 萌々 Matsuyama Momo

多専門職を支える

1大学で社会福祉を専攻し、医療機関での実習を機に興味・関心が深くなりました。

2海や街並みが綺麗な沖縄への憧れと、医療機関で働いてみたいという思いから、沖縄県内の病院の採用情報を片っ端から探したところ、中頭病院のホームページが目に止まりました。時代を見据えた医療の提供、地域に根ざした医療活動など様々な面に惹かれ、ぜひ中頭病院で活躍したいと思ったことが決め手です。

3さまざまな専門職が活躍しているなかで、事務職も同様に幅広い知識や能力が必要だと日々実感しています。例えば人事課では労働に関する制度や労働環境の整備だったり、総務課では施設基準や行政機関との連携だったりがあげられます。各部署に求められる知識や能力は大きく異なりますが、共通点として多専門職が活躍できるよう支えることが事務職である私たちの役割だと考えています。

4敬愛会の理念にもあるように、職場は学びと創造の場です。現状に満足せず、総合職として多部署や多専門職の役割や機能の理解を深めるとともに、幅広い知識・能力を身につけていきたいと考えています。

5職場の雰囲気は非常に明るく、先輩や上司もとても優しく丁寧に指導してくださいます。同期にも恵まれているため、新社会人として楽しく日々の業務に携わり学んでいます。

総務課 真栄城佳音

総務課
真栄城 佳音 Maeshiro Kanon

事前準備をしっかり。スキルアップへ

1大学では、人の生活を守る制度を学んでいました。その過程で人の健康を守る仕事に関わりたいと思うようになりました。地元に貢献できる仕事を希望していたこともあり、地域住民の健康を守る医療機関での就職を目指しました。

2医療機関は、高齢化社会を支える上で重要度の高い存在です。地域へ良質な医療を提供することを理念の一つとし、住み慣れた地元への貢献度が高いという点に魅力を感じました。

3入職前はコロナ禍ということもあり、新人教育の時間があるのか不安でしたが、実際は忙しい中でも親身に指導してくださるので、安心して積極的に業務に励むことができています。質問しやすい職場なので毎日さまざまな知識を身につけています。

4自信を持って仕事をするため、事前準備を疎かにしない社会人を目指しています。どんな仕事にも必ず責任が伴うので円滑に業務を進める上で準備は重要だと考えています。また、一人で完結できる仕事ではないので、確認不足が起こらないよう引き継ぎも考慮して準備が必要だと感じています。

5毎日さまざまな経験をさせてもらえる職場です。休診日(日曜・祝日)以外にも、平日の休暇も取れるので充実した社会人生活を送っています。

中頭病院 医事業務課 玉榮琉哉

中頭病院 医事業務課
玉榮 琉哉 Tamae Ryuya

学びの連続、成長できる環境

1もともと医療機関で働こうと思って就職活動を行なっていたわけではありませんでした。日々、ニュースや新聞などで新型コロナという未知のウイルスと闘い続けている方々を見て、その中でも最前線で奮闘する医療関係者に勇気や魅力を感じ興味を持ちました。

2敬愛会は私の生まれ育った地域を中心に医療を提供し、全く医療の知識が無かった私でも活躍することができると知り、ぜひ中頭病院で働きたい!と思いました。

3入職当時、総合職の仕事は漠然としたイメージしかありませんでしたが、実際さまざまな部署をローテーションすることで大きな病院がそれぞれの部署で成り立っていることを早く知ることができました。

4社会人として仕事ではもちろん、プライベートでも敬愛会人としてしっかり自覚を持って責任ある行動をとること。また、自分の成長に繋がるよう資格の取得などを頑張りたいです。

5まだまだ医療の知識不足がありますが、周りの先輩方が優しくサポートしてくださるので日々業務にあたることができています。敬愛会の理念に「職場は学びと創造の場」とあるように毎日が学びであり、学ぶことが好きな方にとっては充実した社会生活を送ることができると思います。

ちばなクリニック 医事業務課 宮城莉子

ちばなクリニック医事業務課
宮城 莉子 Miyagi Riko

努力を惜しまない

1就職支援のサポーターさんに求人情報を教えていただいたことがきっかけでした。私は医療機関を重点的に就職活動を行っていたわけではありませんが、新型コロナウイルス感染症が流行したことで、医療に関心が湧きました。地元にある慣れ親しんだ敬愛会で働くことは、沖縄への貢献に繋がるのではないかと考えました。

2幼少期からお世話になっている敬愛会で働くことで、より身近な立場で地域への貢献ができるのではないかと考えました。また、企業説明会で「入職して一度も辞めたいと思ったことはない」と話す先輩職員に、すごく魅力を感じ入職の決め手となりました。

3「病院の顔」と呼ばれる受付・会計・案内スタッフだけでなく、経理や人事など敬愛会を陰で支えるスタッフが大勢います。入職一年目はローテーターとしてさまざまな部署を経験するので、自分の得意分野を見つけることができると思います。

4仕事もプライベートも全力で楽しみたいと考えているので、メリハリをつけるよう気をつけています。たくさんの知識が必要な職業なので、日々の努力を惜しまずスキルアップしながら働いていきます!

5頼れる先輩が多く、学びが多い毎日です。敬愛会は色々な業務に挑戦でき、自己成長できる職場だと思います。